子供の習い事はいくつやるべき?

Pocket

私が子供のころは習い事ってやっていて1つ。

2つやっていれば多いなという印象でした。

現代はどうでしょうか。

テレビでよく取り上げられている特集では毎日習い事や1日に2つ掛け持ちしているなど超忙しいスーパーキッズという形で放送されています。

そこで疑問が生まれました。

習い事っていくつやればいいのだろう?

考え抜いた結論は1~3つくらいがベストではないかと思います。

習い事をする目的

習い事の目的って主に2つな気がします。

  1. 子供がやりたいと言っているから
  2. 親がやらせてあげたい

1であれば好ましいのですが、2の親がやらせてあげたいという気持ちが強すぎる上に現代の子供は習い事が多いと思います。

楽しいと感じないと成長スピードは遅い

なんでも当てはまると思いますが楽しさを感じないとそもそも長続きしないし成長スピードも遅くなります。

例えば勉強。

好きな体育の授業は授業が終わってもずっとやりたいと思いますが、嫌いな算数は先生の話も頭に入ってこないから早く終わってほしいと思います。

教育熱心過ぎも注意

最近は教育熱心の親が多いと思います。

もちろん我が子が将来苦労しないためにやる気持ちは非常にわかります。

私も2歳の子供がいるので同意見です。

ただ考えてほしいことは押しつけ過ぎていないか?ということです。

将来的に役に立つからと親が一方的に押し付けている場合、子供は嫌々やることになってしまいある程度までは成長しますが楽しくやっている他の子供と比べたら明らかに遅くなります。

習い事中心の毎日は楽しいのか?

子供の頃って学校が終わったら校庭で遊んだり、駄菓子屋さんに行ったり、友達の家に遊びにいったりすると思います。

しかし、習い事を多くしているとこれらのことができなくなります。

習い事で縛りすぎることで本来子供の頃にしかできないことが経験できなくなる可能性もあることも考えることが重要です。

まとめ:親の役割としてはあくまでもサポート

習い事はやってみないと確かにわかりません。

ただ学校生活も大切にしたいので冒頭にも書きましたが1~3つくらいがちょうどいいのかなと思いました。

全ての習い事が長続きするとは限らないので子供が飽きてしまったら辞めてから新しい習い事を始めてみるという風にすれば掛け持つ数が増えることがないのでおすすめです。

あくまでも習い事をするのは子供本人です。

本人が楽しいと感じられる習い事を見つけてあげる、サポートすることが親の役割だと思います。

親が主体になってしまっている習い事があるようであれば子供が果たして楽しんでやっているのかを観察し、考え直してみてはいかがでしょうか。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA