自宅で筋トレするならこれ!おすすめグッズ8選

Pocket

パンダさん
パンダさん
自宅での筋トレに慣れてきたから何か道具を買おうかな

けど失敗はしたくない

部屋の場所もできたらとりたくないな

買うならできたら安いのがいいな

こんな方向けの記事です。

ビリーブ
ビリーブ
こんにちは、サラリーマンブロガーのビリーブです。

自宅で筋トレを始めて数ヶ月。

最初に比べたら体も慣れてきて少しマンネリをしてくる時期ではないでしょうか。

そこで今回は自宅で筋トレするならこれを買うといいおすすめグッズ8つをご紹介致します。

【この記事でわかること】

  • 自宅で筋トレするグッズがわかる
  • 置き場所にそこまで困らない
  • 筋トレグッズを買うことでバリエーションが増えてモチベーションアップ

自宅で筋トレおすすめグッズ8

ダンベル

安いものだと100円ショップにも売っているダンベル。

 

一度は購入された方も多いのではないでしょうか。

 

ダンベルを手に入れることで負荷が加わり、全身のトレーニングにも使用でき、バリエーションが格段にアップします。

 

その中でおすすめなのは可変式のダンベルです。

 

可変式とは、ダンベルに付いているダイヤルを回すだけで設定した重さに変更ができるダンベルのことです。

 

通常のダンベルは重さを変える時プレートを外し変えるので手間や置き場所も増えてしまいます。

 

可変式ダンベルはダンベルを置く場所だけで済むので置き場所に困る事はありません。

 

重さですが、男性は30kgセット、女性は10kgセットを買えばしばらくは負荷に苦労することはないと思います。

トレーニングチューブ

持つ場所を変えることで負荷を自由に変更できるトレーニングチューブ。

 

持ち運びにも便利なので、旅行や出張にも持っていく筋トレマニアの方も多いかと思います。

 

トレーニングチューブは大きく分けて2種類あります。

 

下半身を中心に鍛えたい人はチューブが輪っかになっているタイプ。

 

全身を満遍なく鍛えたい方は、チューブが繋がってないタイプを選ぶと良いです。

 

また、メーカーによって色でチューブのゴム強度が分かれていますが、とりあえずは中間のベーシックを選んでおけば問題ないでしょう。

バランスボール

上半身であれば腕立てする時に足を乗せたり、ボールに手を置いたりすることができます。

 

下半身であれば壁と自分の間にボールを鋏、ボールの丸みを活かしてスライドさせながらスクワットも可能です。

 

 

また、バランスボールで弾むことで有酸素運動も可能です。

 

 

片足上げてバランスをとりながら弾むことで体幹も一緒に鍛えることができます。

バランスディスク

円盤の形をしたトレーニンググッズです。

 

バランスボールの少しレベルを落としたものというイメージの方がわかりやすいかもです。

 

円盤の上に両足乗せてスクワットをしたり、2つ揃えて円盤の上に手を乗せて腕立て伏せもできます。

 

こちらもバランス系のトレーニングが可能なので片足バランスキープなどできます。

 

バランスボールより置き場所には困らないのでバランスボールと迷った場合はバランスディスクが良いと思います。

 

プッシュアップバー

名前の通り腕立て伏せを行う時に使用します。

 

器具を使わない腕立て伏せだとどうも胸の筋肉に効いてこないなって方も多いと思います。

 

プッシュアップバーを使い腕立て伏せをすることで動作の可動域が増え、より胸の筋肉に刺激が加わります。

 

やった次の日は胸の筋肉痛は間違いなしでしょう。

トレーニングベンチ

トレーニングベンチもあるとかなりバリエーションが増えます。

 

上半身であれば足や手を乗せて腕立て伏せができます。

 

下半身であれば片足を乗せてブルガリアンスクワットができます。

 

ダンベルを買うのであればトレーニングベンチもセットで買うのがおすすめです。

スライドディスク

ディスクを動かしながら筋トレを行うことができます。

 

よくやられる方が多いのはマウンテンクライマーでしょうか。

 

私も何回かやったことありますが、きつくて終わったあと下半身ふらふらで立てないくらいでした()

 

過去に動画載せてありますのでご覧ください。

スライドディスクでマウンテンクライマー動画

 

腹筋ローラー

腹筋ローラーって昔流行りましたよね。

 

腹筋を徹底的にやるならこれもおすすめです。

 

これもやったことありますが、慣れるまで時間がかかるかなって感じです。

 

初心者は膝立ちの状態から始めた方がいいです。

 

足から始めてもいいですがおそらく厳しいと予想します。

 

まとめ:1つ増やすだけで自宅の筋トレは充実します

 

今回ご紹介したもの全て集めるとなかなかな金額になってしまいます。

 

この中で1つだけ選ぶだけで現在やられている自宅での筋トレが充実することは間違いないと思います。

 

個人的なおすすめは長期的にやるのであればダンベル、長続きしなかったことを想定して買うのなトレーニングチューブが良いかと思います。

 

ダンベルはやはり負荷を調節できるメリットがあるので1番にしました。

 

筋力をつけるためには適切な負荷が必要ですからね。

 

ゴムチューブは1,000円あれば買えるので金銭面的に失敗もないかなと思い候補にあげました。

 

筋トレ=スポーツジムのイメージが強いですが、少し道具を加えることで自宅でも充実した筋トレができる可能性が秘めています。

 

自宅での筋トレがマンネリしてきた方は何か1つ買ってみて新たな刺激を加えてみてはいかがでしょうか。

 

 

今回は以上となります。

最後までご覧頂きありがとうございました🙇‍♂️

 

 

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA