サービスエンジニアがきついと思われている理由【現職の私が年収等紹介】

Pocket

こんばんは🐼サラリーマンブロガーのビリーブです。

 

ご覧頂きありがとうございます🙇

 

みなさんはサービスエンジニアってどんなイメージをお持ちですか?

 

サービスエンジニアの仕事はざっくり保守点検マンです。

ユーザーが安全に機械等を使えるように定期的にメンテナンスしています。

 

大半の人はきついや給料低いなどマイナスのイメージをお持ちかと思います。

 

今回はサービエンジニアに就職や転職を興味をもっている方向けに現職の私が働き方や年収等を話したいと思います。

 

 

サービスエンジニアはきついと思われている理由

 

移動が多い

これは会社の規模にもよります。

 

私の仕事だと拠点が3箇所しかないので出張や移動が多いです。

 

1日平均100〜200kmくらいは運転しています。

 

車の運転が苦ではない方であればそこまで気にする必要はないかと思います。

 

また出張が好きな人であればこれも問題ないですね。

 

ご当地の食べ物を堪能できるので。

 

私は出張はたまにでいいです。理由はめんどくさいから(笑)

給料が低い

サービスエンジニアの平均年収は400〜700万と言われています。

 

私の会社だと450〜650万くらいなので平均って感じですかね。

 

ただ出張が多いと出張手当で年収をあげている可能性があります。

 

できたら基本給であげたいのが本音です。

 

なので給料が低いってイメージは少し誤解かなと思います。

 

年をとると大変

これはあってるかなと思います。

 

扱う商材にもよりますが、基本工具を持ち歩くので20〜30代までだったら体力で乗り切れるかもしれないですが、運動してないと40代以降は現場メインだと体力的にきつく感じるかもしれないです。

 

 

休みがない、残業が多い

これも会社によります。

 

現職は東日本をサポートはしていますが、休日は当番制になっているので休みも取れていますし、何か予定があれば日にちを交換してもらえたり臨機応変にできているので大丈夫かなーって思います。

 

残業も突発的なことがない限りは定時であがれてますし、直行直帰も推奨されているので効率よく仕事ができています。

 

 

だいたいこれくらいでしょか。

マイナスなイメージがありますがそこまでかなって個人的には思います。

 

次にサービスエンジニアに向いている方の特徴をお伝えします。

サービスエンジニアに向いている人の特徴

1人が好き

基本1人での作業になります。

 

なので1人での作業が嫌いではない方はおすすめです。

 

私も1人で作業するのが好きなので向いてると思います。

 

誰かと一緒だとペース崩れるしなんか落ち着かないんですよね(笑)

 

機械いじりが好き

メンテナンス以外にも不具合で修理をすることがあるので機械いじりが好きでないと難しいかなと思います。

 

工具も使いますし。

 

けどやっていくうちに体が勝手に慣れていくと思います。

 

男性はそこまで機械作業には疎くないと思いますので。

 

日曜大工っていうくらいですから。

 

私はすごい機械いじりが好きってわけではないですが、修理をすることにやる気がみなぎるタイプです(笑)

 

長距離移動が好き

長距離トラックほどではないですが、移動は多いです。

 

なので運転や電車、新幹線、時に飛行機での移動が好きな方は向いていると思います。

 

飛行機だったらマイル貯まるから一石二鳥ですね。

 

以上3つとなります。

最後にまとめでーす

👇

まとめ:1人が好き、機械いじりが好き、移動が好きならサービスエンジニアは適職

この3つに当てはまればおそらくサービスエンジニアに適しているかなと思います。

 

最近はなんでもITの力で自動化になっており、人がいらなくなってきています。

 

しかし個人的にはサービスエンジニアの需要はあるかなと思います。

 

いくら自動化とはいえ、機械を保守する部分は人の力を借りないといけないと思うので完全にはなくならないかと思います。

 

手に職がつけば、転職もしやすくなるのでおすすめの仕事の1つかなと思います。

 

今回は以上となります。

最後までご覧頂きありがとうございました🙇

次回のブログもお楽しみに✌️

では✋

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA